ThinkPad X1 Carbon 2019のThinkPad Privacy Guardを動画レビュー

パソコン・IT・Web

11月に最強スペックのThinkPad X1 Carbon 2019年モデル(ThinkPad X1 Carbon 7th Generation)を注文しました。

最強スペックなThinkPad X1 Carbon 2019(ThinkPad Privacy Guard)を注文した
最強スペックのThinkPad X1 Carbon 2019年モデルを注文した。液晶はThinkPad Privacy Guard(ePrivacyフィルター)、CPUは第10世代を選びました。

先日納品されまして、1番気になっていた機能「ThinkPad Privacy Guard」について早速動画を撮影しました。

この記事ではThinkPad X1 CarbonのThinkPad Privacy Guard機能を動画と写真でレビューします

もともとThinkPad Privacy Guard機能を搭載したThinkPad X1 Carbonの動画レビューが国内外含めてほとんど見当たらず、購入前は「実際どんなもんなんだ?」とピンときませんでした。

これからThinkPad X1 Carbonを購入予定の方で、液晶にThinkPad Privacy Guardをつけるかどうか迷っている方はこの記事の動画と写真でThinkPad Privacy Guardのイメージが伝われば嬉しいです。

ThinkPad Privacy Guardってどんな機能?

ThinkPad Privacy Guard(プライバシーガード/ ePrivacyフィルター)は画面を横から見たとき、暗く見えて覗き見されなくなるという機能です。

今までであれば、覗き見防止フィルター等を液晶に貼り付ける必要がありましたが、ThinkPad X1 Carbon本体の液晶自体に覗き見防止フィルター機能が搭載されたイメージです。

動画を見ていただくとわかりますが、ThinkPad Privacy Guardをオンにすると本当に横から画面を覗き見できなくなります。

従来の覗き見防止フィルターと違って、オン・オフを気軽に切り替えることができるのは便利ですね。(キーボードのFn+Dキーの同時押しでプライバシーガード機能の有効・無効が切り替えできます)

PrivacyGuardがオフの状態。もちろん横からも画面が見えます。

PrivacyGuardがオフの状態。正面からも画面が見えます。

PrivacyGuardがオンの状態。オンにすると横から画面が見えなくなります(黒く見えて覗き見できない)

PrivacyGuardをオンにしてもこのように正面からは画面が見えます。

 

というわけで、詳しくは動画をご覧ください。

ThinkPad Privacy Guardを試してみた動画

ThinkPad X1 Carbon「ThinkPad Privacy Guard」機能レビュー

わたし個人としてはPrivacy Guardを搭載して良かったなと思っています。

普段はオフにして使うと思いますが、カフェや電車内でThinkPadを使い、ちょっと隣の人の視線が気になるな…というときにサクッと覗き見防止機能としてプライバシーガードをオンにできるのは安心感がありますね。

この動画を見てThinkPad Privacy Guard搭載のThinkPad X1 Carbonが欲しい!と思われたのであれば…今回わたしが注文したのは【第10世代CPU搭載】ThinkPad X1 Carbon:パフォーマンス(Pro OS選択可能)←このモデルです。もちろん、これ以外のモデルでもPrivacy Guardを搭載できるものもありますので、今月適用されるクーポンも含めてこちらの公式サイトから今すぐご確認を。

コメント

タイトルとURLをコピーしました