CAMPFIREで支援したAIRSELFIE「AIR PIX」が届かない!クラウドファンディング保険も適用外。

パソコン・IT・Web

AIRSELFIEが国内外のクラウドファンディングで多額の資金を集めて開発した超小型のドローン「AIR PIX」をご存知ですか?

AirPix

元は海外のIndiegogoというクラウドファンディングサイトで1,610,792ドルを集めた人気プロジェクトです。

Your Pocket-Sized Aerial Photographer - AIR PIX
Small, lightweight, easy to use. AIR PIX gets you the perfect selfie - no arms or poles in the way! | Check out 'Your Pocket-Sized Aerial Photographer - AIR PI...

 

日本ではCAMPFIREというクラウドファンディングサイトで22,322,051円を集めています。

世界最小の飛行カメラ「AIR PIX」ポケットサイズのあなた専用カメラマン!
わずか52gの小さな飛行カメラ「AIR PIX(エアピックス)」。使い方はとても簡単で、どんな角度、どんなシチュエーションにも対応します!エアピックスでパーフェクトなセルフィーを - 誰かに撮ってもらう必要も、自撮り棒も、ドローンも必要なし!

 

私もこの動画を見て「これは遊んでみたい!」とCAMPFIREで支援をした一人なのですが…

IndiegogoやCAMPFIREの支援者へいっこうにリターンであるドローン(AirPix)が届かない!というトラブルが発生しています。

この記事ではAirPixの国内外で起きていることやCAMPFIREへクラウドファンディング保険を適用できるか問い合わせた結果もご紹介しています。

(日本語でAirPixの情報がほぼ出ていない=現状を知らない方が多そうなので、私の知っている範囲での情報をまとめてみました)

なお、この記事の内容は私個人がネット検索等をして認識している情報であり、公式発表情報ではなく、また自動翻訳された国外サイトの情報を参考にしているため正しい情報でない可能性も十分にあることを事前にご了承ください。

AirPixが届かない!いったい何がどうなっているの?

韓国のクラウドファンディング支援者へ優先的に発送されていた?

どうやらAirPixはIndiegogoやCAMPFIREだけでなく、韓国のクラウドファンディング「Wadiz」でも資金を集めていたようです。

[글로벌 14억펀딩] 드론으로 셀카를 찍다니?! 쉽고 간편한 에어픽스
52g의 가벼움, 스마트폰 보다 작고, 사용법도 간단한 "당신만의 날아 다니는 셀카" 누군가에게 촬영을 부탁하거나 셀카봉을 가지고 다닐 필요가 없습니다. 에어픽스만 있으면~

AIRSELFIEが直接クラウドファンディングに登録したというよりも、韓国のドローン企業のヘルセルが代理店となって資金を集めていたようです。

 

2019年の時点でリターン発送予定だったIndiegogoやCAMPFIREへの支援者からの「発送されたよ!」という報告は2020年6月現在、検索してもほぼ出てこない(数名)なのですが、なぜかWadizへの支援者には一定数のリターン(AirPix)の発送があったようなんですね。

(AIRSELFIEがおそらくWadiz支援者への発送を優先したようです)
(代理店であるヘルセルからAIRSELFIEへ強い要望があったのかもしれません。ヘルセルがWadizへ投稿したニュースの1つに「アメリカよりも日本よりも初めにヘルセルへAirPixを納品してもらった」といった記述がありました)

しかし、AirPixが届いたWadizの支援者から「プロペラが外れる!」「スマホと接続出来ない」等のクレームが大量に発生。

AirPixの品質に問題があると認識したヘルセルが支援者へ返金対応をしてこのプロジェクトは終わってしまったようです。
(払い戻しがされなかった支援者もいたようでコメント欄は炎上)

また、コメント欄では支援者から「AirPixのプロモーション動画について、AirPixで撮影したと見られる映像が実は動画素材として一般販売されている映像だったため、誤解を招くのでは」という指摘もありました。

これが、2019年末から2020年はじめのことです。

2020年6月現在、IndiegogoやCAMPFIREの支援者へのリターン(AirPix)の発送はほぼされていない

Indiegogoのコメント欄を見ると、「AirPixが届かない!」というコメントばかりで炎上状態です。

AIRSELFIEから配信されるニュースも、毎回様々な理由をもとに「発送が遅れている」と報告されるのみ。

(中国で最高の工場に依頼して製造を始めた→しかし試作機を検査したら機体設計の欠陥が発見→再設計で数ヶ月必要だった→次はファームウェアやWi-Fi接続等の問題が発見→さらに当初依頼していた工場の欠陥率が高かったから新たに工場を探す必要が出てくる→中国の旧正月→新型コロナウイルス、と発送が遅れている理由が次々とニュースとして発表されています笑)

CAMPFIREの支援者にもやはりAirPixは届いていないようです。(もちろん私のもとにも届いていません)

2020年5月頃からTwitterでもCAMPFIREからAirPixへ支援したと思われるユーザーからのツイートが増えてきました。

支援者にはAirPixが届かない中、ヨドバシカメラ等での一般販売が開始

そんな中、ヨドバシカメラかヤフーショッピング、Amazon、楽天市場等でAirPixの一般販売が開始されました。

日本国内ではAIRSELFIEの代理店として「FOX」という会社がAirPixを販売しているようです。

ポケットサイズの専用カメラマンとして、あなたにフォーカス! わずか52gのセルフィー用世界最小自動飛行カメラ「AIR PIX」が登場! | FOX.INC

同様に海外のECサイトでも一般販売が確認されていて、IndiegogoやCAMPFIREの支援者は困惑を隠せない状況です。

一般販売でAirPixを買った国内ユーザーからの口コミでも「プロペラが外れる」

韓国のクラウドファンディングサイト「Wadiz」の支援者へ発送されたAirPixは「プロペラが外れる」などのトラブルが多かったようでした。

AIRSELFIEもそれを認識していたはずなので、プロペラの外れやすさの問題は改善されたものかと思っていたのですが…

2020年6月現在、ヨドバシ.comに投稿されている一般販売でAirPixを買ったユーザーからのレビューは以下の通りです。

コンパクトで使いやすそうなので購入したのですが、飛ばすとプロペラが外れて落下する、何度つけても外れて使い物にならない、返品しようとおもうのだがヨドバシのサポートに何度電話しても繋がらない、コールバックに連絡しても5日後でないと返事がもらえない、ヨドバシのサポートは最悪です。

一度も飛ばせないで終了
離陸直後にプロペラが外れてしまい飛ぶことができませんでした、予備プロペラに変えても同じです。
返品できるならお願いします。

気になっていた薄型自撮りドローンが廉価化して、1万5千円くらいでフルHD動画撮影が可能と言う事で購入。

以前買ったトイドローンのTELLOに比べると不安定ですが、各種センサーを搭載してるからか、見た目の薄さの割に飛行の安定性があり、一枚の板がそこそこ安定して飛んでいるのは不思議な光景です。
顔を追従して自動的に方向を変えてくれる機能も面白いです。

ただし、飛行中にプロペラが外れる事が多く、外れたプロペラは穴が広がったり割れたりで付け直してもすぐ外れるのは致命的です。
2日も経たないうちに4枚の予備プロペラをすべて使い切ってしまいましたが、今の所は特に予備プロペラの別売は無さそうです。とりあえず修理として出しましたので改善されるかを様子見です。

取説も特に日本語の物は簡易的な物ですら付いていませんので、不親切だとは思います。
使用するアプリ自体は日本語化されていますので、操作はアプリの方で確認する事になりますが、日本語での解説は基本的な物だけでジェスチャー機能とかについては日本語の解説がありません。

機能的に優れた製品ではありますが、廉価化した製品と言う事もあり、物としての作りが微妙な製品です。
せめて別売で4枚1セット500円くらいでプロペラを販売してくれれば、消耗品として交換しながら使えるのですが。

↓↓↓

ヨドバシカメラで対応できず、代理店である株式会社FOXとのやり取りにて交換対応になりました。 交換後も最初すぐに2枚ほどプロペラが外れましたが、その後は外れず安定して飛行しています。

※ヨドバシ.comから引用

…どうやらプロペラが外れやすい問題は現時点で解消されていないようでした。

AIRSELFIEもプロペラの外れやすさは認識しているようで、Twitterで動画を上げています。
(AirPixを使い始める前にプロペラをしっかり止めてね、という動画)

2020年5月、AIRSELFIEがさらなる資金集めを始める

そんな中、2020年5月からAIRSELFIEがWefunderにてさらなる資金集めを始めています。

Invest in AirSelfie: The world's only pocket-sized, HD aerial camera on @wefunder
AirSelfie is a technology company that operates in the photography sector, designing and building pocket-size HD aerial cameras that allow and enhance the photo...

Indiegogo支援者への発表を読む限り、資金が不足したのか、新たなクラウドファンディングで集めた資金はIndiegogoへの未処理の注文の生産と出荷に充てられるそうです。(CAMPFIREの支援者への発送は…?

2020年6月16日現在、152,535ドルの資金が集まっているようですね。

新製品も次々と発表

AirPixが支援者に届かない中で、さらに新製品の発表もされています。

CES 2020で発表された新製品2つ

CES 2020では以下の2機種が新たに発表されています。

AirPix +(AirPixPlus)…ジンバルが搭載されたAirPixだそう。
Air Duo…デュアルパラレルカメラと鳥瞰カメラが搭載(自動翻訳)されたドローンだそう。

どちらも2020年後半に発売予定とのことです。

Wefunderで発表されている新製品

現在進行中のクラウドファンディングWefunderで発表されているロードマップ画像をみると、以下の新製品・サービスの開発や発売も予定されているようです。

・AirPivot(2020年発売予定)
・AirDuo(2020年発売予定)
・AirSky(2021年発売予定)
・AirBlade(2021年発売予定)

Wefunderで5,000ドル以上投資した支援者へのリターンに「AIRSELFIEの最新製品AirPivotを受け取る(2020年8月)」とあるので、現在はAirPivotの開発に注力しているのかもしれません。

CAMPFIREの「クラウドファンディング保険」が使えるか問い合わせてみた

さて、ここまで私が把握しているAirPixの国内外で起きていることを簡単にまとめました。

ここからはCAMPFIREのクラウドファンディング保険について。

CAMPFIREでは、支援者へリターンが実行されないときに最大8割の返金をしてくれるという「クラウドファンディング保険」を発表しています。

日本初『クラウドファンディング保険』を、CAMPFIREが3月に提供開始。東京海上日動と連携し、より安心してプロジェクトを実行・支援できる環境整備へ
株式会社CAMPFIREは東京海上日動火災保険株式会社と連携し、クラウドファンディング・プラットフォーム「CAMPFIRE」で資金調達に成功したすべてのプロジェクトの支援者を対象とした、日本初の『クラウドファンディング保険』の提供を開始致します。

「もしもプロジェクトの返礼品が届かなかったら」と思う支援者。そんな「不安」を克服するために、プラットフォームとしてできることを私たちは考えました。

※上記プレスリリースから引用。

なんと素晴らしい!
これなら支援者も安心してクラウドファンディングへ支援できます→そのはずでした…

CAMPFIREでのAirPixのリターンは予定では2019年秋頃でしたが、2020年6月現在まだ発送されていません。

国内でもヨドバシ等で一般販売が開始され、ジンバル搭載のAirPix+や新製品AirPivot等も開発が進む中でAirPixのリターンを待つ必要を感じなくなってしまいました。

CAMPFIREサイトからAIRSELFIEへ返金依頼をしても返信がなく、だったらCAMPFIREのクラウドファンディング保険を使おうと考えました。

そこで、CAMPFIREへクラウドファンディング保険を適用させてほしいと依頼メールを送ったところ…

CAMPFIREから返ってきた回答は以下の通り。

この度はお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。
CAMPFIRE運営スタッフです。

CAMPFIREにてプロジェクトをご支援いただきありがとうございます。
また、ご連絡が遅くなり大変申し訳ございません。

お問い合わせいただいた件につきまして、
支援者様におかれましては大変心配されているご状況かと存じます。

早速ではございますが、支援者様へリターンの履行状況等を発信していただくよう
プロジェクトの起案者様まで一報を入れさせていただきます。

しかしながら、ご心配の折に誠に恐れ入りますが、リターンの実行につきましては、
履行・管理をプロジェクトの起案者様に一任しております。
起案者様と支援者様との間での直接的な売買契約となりますこと、
弊社はあくまでプラットフォームをお貸している立場であること事をご理解頂けますと幸いです。
その為、プロジェクトの起案者様へ問題解決の為のご連絡等を何卒お願い申し上げます。

【メッセージ新規作成画面からのご連絡方法】
・CAMPFIREへログイン後、下記URLにアクセス
→ https://camp-fire.jp/mypage/messages/select
・「パトロンになっているプロジェクトから選ぶ」を選択
・「メッセージ」→「選択」を選択
・メッセージ新規作成画面からメッセージを入力後、「確認画面へ」を選択
・最後に「送信する」を選択

また、重ねて大変恐れ入りますが、事前にご同意いただいております利用規約条項から、
支援者様と起案者様の二者間でご解決いただくことを原理原則とさせていてだいており、
本保険のご申請は前提となりかねないことを何卒ご理解、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

お約束できるものではなく大変心苦しい限りではございますが、
最終手段として本保険の申請を視野に入れたご対応を
将来的に進めさせていただくこととなった際は詳細等を弊社より
速やかにご連絡させていただく所存でございます。

なお、先方よりご連絡等がない場合は弊社プラットフォームとして可能な限りお力添えさせていただき、
当事者間でのご解決に向けた橋渡し役につきましては真摯に承る所存でございます。

ご不明な点がございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

平たく言うと、CAMPFIREの規約では一切補償しないことになっているからまずは当事者同士で解決してね。クラウドファンディング保険は現時点では申請させないよ。ということでした。

 

そこで「なぜクラウドファンディング保険が適用できないのか」を問い合わせてみたところ、CAMPFIREから届いた回答は以下の通り

お世話になっております。
CAMPFIRE運営スタッフです。

この度はご多用の折、ご返信いただき誠にありがとうございます。

本件、支援者様におかれましては大変心配されているご状況かと存じます。

頂戴しております貴重なご意見につきましては真摯に受け止めさせていただき、
今後のサービス向上のため適宜検討させていただきたく存じます。

また、

・先方から支援者様へのご返信等が一切ない
・弊社からの連絡に対しても一切の返信がない
・先方よりリターン履行に関する情報発信が一切ない
・お届け予定月を過ぎてもリターンが履行される様子が一切ない
・全ての支援者様が先方と一切連絡がついていない・ご返信がない
・支援者様の誰一人にもリターンが履行されていない

申請要件や申請基準等ではなくあくまでも「一目安」としてこれらの様なご状況が長期間続き、
並行して詐欺や拐帯等の事実が明確に認められ、当事者間での問題解決がどうしても難しいと
総合的に判断せざるを得ない段階となりましたら、「最終手段」として本保険の申請を視野に入れたご対応を
将来的に進めさせていただく場合もございます。

但し、重ねてのご案内となり大変恐れ入りますが、事前に利用規約条項にご同意いただいております以上、
あくまでも本保険のご申請は前提とはならず今後も前提となりかねないご回答は難しいこと、
また前述の内容以上のことにつきましては今後同様にご回答が難しくございます。
何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

弊社といたしましては、今後も二者間での問題解決に向けての橋渡し役を最大限承らせていただく所存ではございますが、
大変心苦しくもご進展時期等のお約束までは難しく、本件の解決に向けてはあくまでも先方次第となりますことを
ご理解賜りますようお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

平たく言うと「規約の通り当事者同士で解決してね。まだまだクラウドファンディング保険は使わせないよ。」ということです笑

2020年6月24日追記:
再度、「どうすればプレスリリース通りの保険を受けられるのか」と問い合わせてみましたが、その回答は以下の通りでした。

お世話になっております。
CAMPFIRE運営スタッフです。

ご返信いただき誠にありがとうございます。

本件、頂戴しております貴重なご指摘につきましては真摯に受け止めさせていただき、
今後のサービス向上のため適宜検討させていただきたく存じます。

また、ご心配の折に大変恐れ入りますが、既にご回答を差し上げております通り、
本保険のご申請を前提としてしまうご案内は難しくございます。

支援者様のご意思にて利用規約条項にご同意いただいております以上、
あくまでも支援者様と起案者様の二者間でのご解決を原理原則とさせていただいておりますことを、
今一度ご理解賜りますようお願いいたします。

弊社といたしましては当事者間でのご解決に向けた橋渡し役を
今後も真摯に承らせていただく所存でございます。

ご不明な点がございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

…CAMPFIREとしてはどうしてもクラウドファンディング保険は使わせたくないようですね。

CAMPFIREのクラウドファンディング保険はほぼ適用できない?

そこでTwitterで検索してみたところ、CAMPFIREのクラウドファンディング保険の申請を過去に依頼したユーザーの多くが、CAMPFIRE側から却下されていることがわかりました。

AirPixの件でも私と同様にCAMPFIREへクラウドファンディング保険の申請をしたけど却下されたというユーザーもいらっしゃいました。(CAMPFIREからの回答もほぼ同じものだったので雛形対応なのでしょう)

 

唯一うまくいってそうだったのは、CAMPFIREでの決済方法をPayPalにして、PayPalへクレームを出されたという方。(CAMPFIREのクラウドファンディング保険が適用されたというわけではないようですが)

PayPal決済という手があったか!と納得しましたが、すでに別方法で支払い済みなので後の祭り。

 

ところでTwitterで「CAMPFIRE 保険」と検索すると、まあ評判の悪いこと悪いこと…。

CAMPFIREもプレスリリースで大々的に「日本初のクラウドファンディング保険を開始!」などと言っているのだからもう少し支援者サポートをしないとMAKUAKE等の他のクラウドファンディングへ支援者が流れていってしまうと思うのですが…。

クラウドファンディング保険が適用されたというツイートはほぼ見つけることができませんでした。

「クラウドファンディング保険があるからCAMPFIREへ安心して支援できる!」と思われている支援者の方はこの記事でご紹介しているCAMPFIREの対応をみて再考されても良いかもしれませんね。

支援者へAirPixが届く日は来るのか

Indiegogoのコメント欄も毎日のように支援者から「発送されない」というコメントが投稿され炎上状態です。

CAMPFIREへの支援者にもまだAirPixは発送されていません。

クラウドファンディングという性質上、Amazonで商品を注文するような形ではなく、リターンの補償がないのは重々に承知しています。

ただ、一支援者としては、「国内外問わず一般流通させる在庫があるなら先に支援者へ発送してよー」と思うのですが…。

もしくは、キャンセル(返金)してもらえたら、改めて一般流通されているAirPixや今後発売されるというAirPivot等を買えるのでそれでも良いのですが…。

本件については進捗がありましたらこの記事に追記していきたいと思います。

CAMPFIRE等でAirPixへ支援した方々と、この記事のコメント欄やTwitterで情報交換ができたら幸いです。

追記:2020年6月17日 クラウドファンディングのプロに依頼したからAirPix案件は多くの資金を集めることができた

AirPix案件でクラウドファンディングで多くの資金を集めるためにAIRSELFIEがコンサルティングを依頼した会社があるようです。

この会社はクラウドファンディングの支援サービスを行っているのですが、AirPix案件がなぜクラウドファンディングで1,158,228ドルを集めることができたのか、その方法を記事にしてまとめています。

https://learn.launchboom.com/how-we-raised-1-158-228-for-air-pix-on-indiegogo-case-study-ab231cc8a78a

これがなかなか面白いです。

WebマーケティングやWeb広告関係のお仕事をされていらっしゃる方は1度読んでみてもよいかと思います。(自動翻訳でもある程度の内容はわかります)

追記:2020年6月24日 開発中の新製品AIR PIVOTとAIR DUOに関する動画が公開されました

AIRSELFIEが現在クラウドファウンディングとして利用しているWefunderにて、新たな動画が公開されました。

AirSelfie Update – AIR PIVOT & DUO

この動画では現在開発中のAIR PIVOTとAIR DUOの2つの製品について、テスト機を見せながら簡単に説明をしています。

残念ながらAIR PIVOT、AIR DUOが実際に飛んでいる(動作している)映像ではないのですが、どちらもなかなか魅力的でユニークな製品のようです。

YouTubeの自動字幕翻訳機能を使って内容を見た限りの情報を以下に簡単にまとめます。
(翻訳精度については保証できかねますので、それをご承知の上でお読みください)

AIR PIVOTについて

前面カメラが90度まで下に回転するようになり正面からだけじゃなく、斜め上や真上からの写真撮影もできるようになるようです。

プロペラシステムも新しくなり、屋内だけでなく、屋外の両方で使いやすくなったとのこと。
曲線デザインになったこともあり、外でも使いやすくなるそうです。
本体裏面にあるセンサーで安定性も増したそう。

重量はAirPixが52gでしたが72gになる予定。

8メガピクセルセンサー、1080p、30フレーム/秒、12メガピクセルの画像サイズ。

本体上部のセンサーで、屋内で撮影する際も天井にぶつからないそう。

2020年秋にリリース予定?

5フィート飛んで自動自撮り。

AIR DUOについて

アルミニウムフレームで100g。
ブラシレス。

本体正面と裏面にそれぞれ1つずつ、合計2つのカメラがついています。

PIVOTと違いアプリからどちらのカメラで撮影するかを切り替えができそうです。

いずれもパワーバンクも開発中とのこと。

正直、動画を見るとAirPixでなくAIR PIVOTやAIR DUOが欲しくなる

新たな投資者を集めるための動画ですから新製品のお話をするのは理にかなっています。

ただ2019年に国内外でクラウドファウンディングに参加した支援者にAirPixが届いていない現状で、より高性能で魅力的な新製品の発表をされるとどうしても「じゃあAirPixいらないから新製品のAIR PIVOTやAIR DUOがほしい」と思っちゃいますね。

カメラの角度は手動調整にはなりますが、正面だけじゃなく斜め上とか真上からとかの写真も撮れるAIR PIVOTも魅力的ですし、正面用と真上用の2つのカメラが搭載されているAIR DUOも面白そうです。

説明通りの製品が本当にリリースできるのであれば他社ドローンにないユニークな製品になるので、投資したいと思う人ももっと出てきそうですね。

いずれにしてもAirPixや新製品も楽しみです。(本当にリリース通りの製品が届くのであれば…ですが)

コメント

  1. 待ち人 より:

    こんにちは。同志を見つけることができて少し安心しました。笑
    かれこれ、もうすぐ1年になりますね…
    自分だけじゃないかと不安でしたが、もう少し待ってみようと思えた記事でした!ありがとうございます!

    • 髭メガネ 髭メガネ より:

      待ち人さん、コメントありがとうございます。
      Twitterでもたくさん同志を見つけられるはずです。笑
      CAMPFIREだけでなく、Indiegogoのプロジェクトでも大炎上中ですので期待薄ですねー…
      海外のECサイト等ではなぜか販売されているAirPixのレビューを見ても「プロペラが外れた」が多くて現バージョンのクオリティは期待できなさそうです。
      商品コンセプトはかなり魅力的なので改良版や新製品に期待ですね。

タイトルとURLをコピーしました